モラハラ離婚後に復縁に至るケースが多い理由

言葉による暴力で相手に精神的ダメージを与えるモラハラは、離婚の原因として近年では急激に増加傾向にあります。しかし、こうしたモラハラ離婚に至ったにもかかわらず復縁をするカップルも増加してきています。
その理由として挙げられるのが、モラハラ以外の面では相手に対して不満を持っていなかったり、モラハラを受けた後に相手からの謝罪やフォローがあったために相手の非を受け入れてしまうといった人が多くいるためです。また、それ以外にもモラハラを受けたことによって相手ではなく自分に非があると間違った認識をしてしまう人もいるため、モラハラによって離婚をした場合でも再度復縁に至るケースが増えてきているのです。