浮気離婚慰謝料の時効とは。

浮気の慰謝料請求には時効があり、法律で決まっています。
浮気離婚の場合、離婚した日から3年となります。
離婚後に請求する場合、またはされた場合、3年経っているかどうかを確認する事が大事です。
請求する場合は3年以内でないと請求を退けられてしまいますので、離婚後、早めに手続きをするようにします。
請求された側は3年経っていれば支払わなくて済みます。
もし、3年経った後に慰謝料の請求が届いた際は、「時効が完成しているため、慰謝料は支払いません。」と記入した内容証明郵便を相手に送付し適切な対応を取ることが大切です。